top21_atopic.jpg

赤ちゃんも

 早期治療がお勧め

赤ちゃんも安心できる内服薬治療

皮膚の正常化を

目標とした

赤ちゃん

アトピー治療

赤ちゃんアトピー、湿疹の赤ちゃんのご両親さまへ

生後すぐにできる湿疹の多くが、乳児湿疹です。顔、頭、首、口や耳の周囲、手足の関節の内側などにできやすいものです。

赤ちゃんの場合はおむつかぶれ(接触性皮膚炎)やあせも(汗疹)などもできやすく、また脂漏性湿疹も多いこの時期は、アトピー性皮膚炎かどうか見分けがつきにくいことがあります。

 

さらに食物アレルギーを合併していることがあります。乳児の食物アレルギーの原因となるもので最も多いのはご存じのとおり「鶏卵」で、次に「牛乳」、「小麦」です。

すでに他院で食物アレルギーを指摘され、お食事等を気をつけていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、気をつけているのにあまり良くならない、いつまで食べてはいけないの?いつかは食べられるようになるかしら?と心配される方が多くいらっしゃいます。

(当院では、赤ちゃん・幼児にはアレルギー検査を含めた採血検査は行っていません。)

すでに検査を受けてアレルギー反応が強陽性の方は別ですが、当院のアトピー内服薬と合わせて、陽性と出た食べ物も少量ずつ摂取して頂いています。湿疹が出なければ、そのまま続けて頂き、湿疹が出たらやめて頂きます。体は正直ですから、身近で観察している親御さんの判断にお任せしています。食べ物であまり神経質にならないようにして下さい。とお話ししています。

症状から見ると、かゆみのある湿疹が主な症状で、よくなったり悪くなったりをくり返すの状態を全て「赤ちゃんアトピー」と一括りに呼ぶ方も多く、これはアトピーかなと思っても違うこともあります。2歳以下のお子さんでは、診断が難しいことがあります。ご自身で判断せず、一度ご受診をお勧めします。

本ページでは赤ちゃんアトピーとしましたが、正しくはその中に脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、とびひ等による様々な湿疹、もちろんアトピー性皮膚炎+他の湿疹が含まれます。しかし、どの状態においてもアレルギー反応が基本的にあるものは、治療方法は大きく変わらないと考えていますが、それぞれの生まれ持った体質、環境、治療歴は皆さま違います。また、病状も一人一人異なります。赤ちゃんアトピーにも、オーダーメードの治療が必要なのです。当院では経験豊かな医師が診察の上、適切な治療方法を提示させて頂きます。

 

赤ちゃんは成長に向けて細胞が活性化しており、皮膚の再生が早いことが希望です!

治療開始が早ければ早いほど、治療期間も短くて済むことが多いです。

きっとつるつるのお肌を取り戻せる、と信じています。

赤ちゃんアトピーで本当にお困りの方、早く治してあげたいと思われる方は、当院の画期的な”りつの式”治療法をお試し下さい。

赤ちゃんアトピーの治療

赤ちゃんアトピーのお薬は、体重や月齢に応じて注意深く調合しますが、原則、小児アトピーの治療と変わりません。

当院は皮膚の正常化による治療であり、ご希望がない限り、アレルギー検査やその他一般の血液検査は極力おこないません。

​皮膚を元どおりに改善できれば、アレルギー全般に対応できます。

内服薬開始後は睡眠の質がよくなり、食欲が出ます。

 

内服薬には抗ヒスタミン薬を含みますので、わずかに睡眠時間が長くなることがありますが、徐々に体が慣れてきます。むしろ、よく寝てくれて嬉しい、掻かずに寝れている我が子をみて嬉しい、という患者様の声の方が多いですが、ご心配な場合はいつでもご相談ください。

この良い(掻きむしらない)睡眠中に赤ちゃんの肌はどんどん内側からきれいに再生されていきます。

初診:アトピー素因をもった男の子。特に背中の湿疹がひどく、一部かき傷も見られました。
1ヶ月後は皮膚の状態はステロイド未使用の内服薬で痒みもなく、綺麗になってきました。

0歳10ヶ月男児 初診

1ヶ月後

内服薬を開始して痒みもなく肌もきれいになってきました。

初診:アトピー素因をもった男の子。特に背中の湿疹がひどく、一部かき傷も見られました。
1ヶ月後は皮膚の状態はステロイド未使用の内服薬で痒みもなく、綺麗になってきました。

0歳10ヶ月男児 初診

1ヶ月後

内服薬を開始して痒みもなく肌もきれいになってきました。

​小児アトピー・湿疹症例 1

写真をタッチすると

1ヶ月後が表示できます。

初診:アトピー素因をもった男の子。特に背中の湿疹がひどく、一部かき傷も見られました。

 

1ヶ月後:内服薬を開始して痒みもなく肌もきれいになってきました。

​小児アトピー・湿疹症例 2
痒くて夜もなかなか眠れず、ご両親も心配されていました。
アトピーの痒みはもう殆どありません。

0歳10ヶ月 初診

1ヶ月後

痒みはもう殆どありません。

小児アトピーで痒く、夜もなかなか眠れず、ご両親も心配されていました。
アトピー性皮膚炎の痒みはもう殆どありません。

0歳10ヶ月 初診

1ヶ月後

痒みはもう殆どありません。

初診:痒くて夜もなかなか眠れず、ご両親も心配されていました。

1ヶ月後:痒みはもう殆どありません。

ステロイド未使用の内服薬を飲み始め、  すっと痒みが治まってきました。
背中全体の痒みが強い原因不明の非定型湿疹。  他院でステロイド外用を塗っても改善せず、当院を受診されました。

1歳1ヶ月女児  初診

5日後

内服薬を飲み始め、

すっと痒みが治まってきました。

5日後

内服薬を飲み始め、

すっと痒みが治まってきました。

​小児アトピー・湿疹症例 3
ステロイド未使用の内服薬で、痒みも、湿疹も殆どなくなりました。

3ヶ月後

痒みも湿疹も殆ど見られなくなりました。

​小児アトピー・湿疹症例 4
熱傷様皮膚症候群、ブドウ球菌の感染が原因となる疾患です。他院さまからの紹介で当院を受診されました。
熱傷様皮膚症候群、ブドウ球菌の感染が原因となる疾患です。とても可哀想な状態で、首の後ろもただれかけていました。

0歳4ヶ月女児  初診

初診

とても可哀想な状態で、首の後ろもただれかけていました。

初診:熱傷様皮膚症候群、ブドウ球菌の感染が原因となる疾患です。

他院さまからの紹介で当院を受診されました。首の皮膚が赤くただれ、とても可哀想な状態でした。
首の後ろもただれかけていました。

 

1ヶ月後:適切な診断と処置、治療により改善しました。
 

2ヶ月後:すっかり本来の肌を取り戻しました。

熱傷様皮膚症候群、ブドウ球菌の感染が原因となる疾患です。1ヶ月後 適切な診断と処置、治療により改善しました。
熱傷様皮膚症候群、2ヶ月後:すっかり本来の肌を取り戻しました。

2ヶ月後:すっかり本来の肌を取り戻しました。