小児アトピー性皮膚炎は夏にご用心

最終更新: 2019年1月23日


りつのクリニックでの「小児アトピー」は夏になり1.5倍ほど患者様が増えてます。 あせも(汗疹)、飛び火、軟属腫、じんましんのお子様が目立ちます。

開業医に来られる患者様の治療についてアンケートがありましたのでご紹介します。

医師向けWebサイトでは医師会員を対象とした

「夏に管理が難しくなる慢性疾患について」の意識調査がありました。

夏場の高温多湿の影響は「アトピー性皮膚炎」が最も多く、グラフのように書いてあります。


小児アトピーの夏

今年は、気象庁が「災害レベルの暑さ」を宣言するほどの酷暑。

なので、普段よりも少し注意してお子様をを見守ってください。

汗をかくことは体によいことです。 しかし、汗を放置してしまうと湿疹が悪化してします。 夏の間は、汗をかいたら早めにシャワーを浴びましょう。

その際は、石鹸やシャンプーを使用せずに、さっと体を流すだけで効果的です。 ただしあまり神経質にならず軽く拭き取るだけでも効果的です。

(当院は石鹸・シャンプーを日常でも使わないように依頼しています)

プールは入りたくなりますがアトピー性皮膚炎の患者様にとって

プールの塩素は皮膚によくありません。

今年は少しだけ我慢して皮膚をピカピカにして直してから

来年には入れるように一緒に頑張っていきましょう。


日焼けも湿疹を悪化させます。 帽子やフードなどを使用して、日差しを避けましょう。 日焼け止めは、小児アトピーには金属アレルギーを起こす人もいるため、お勧めしません。

暑い夏だからこそ、元気に楽しく過ごしたいものですね。


小児アトピー・赤ちゃんアトピー対策 子供 夏


最新記事

すべて表示

レディースクリニックの再開のお知らせ

当院の立之侑子医師は、産休の為お休みさせていただいております。 この度、無事に出産を終え、 レディースクリニックは9月1日より再開させていただきます。 あとしばらく、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますがお待ちください。 宜しくお願い申し上げます。

夏季休診日のお知らせ(8月、9月)

休診期間 2021年8月8日(日) ~ 2021年8月12日(木) 2021年9月19日(日)~ 2021年 9月23日(木) 祝日と当院の休診日(木)、(日)は平常休みとなっております。 ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。