top of page

花粉症とアトピー

花粉症とアトピーは、両方ともアレルギーに関連した疾患です。花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎としても知られており、花粉やほこりなどの外部刺激に対する免疫反応によって引き起こされます。一方、アトピーは、皮膚の炎症やかゆみなどの症状を引き起こす、慢性的な皮膚疾患です。


bee and the pollen



花粉症がアトピーを悪化させる原因としては、

以下のようなものが考えられます。


  • 免疫系の過剰反応

花粉症やアトピーは、免疫系の過剰反応によって引き起こされる疾患です。花粉症の症状が悪化すると、免疫系が過剰反応を起こして、アトピーの症状を悪化させる可能性があります。


  • ストレス

花粉症の症状が重くなると、日常生活に支障をきたし、ストレスが増加する可能性があります。ストレスは、アトピーの症状を悪化させる要因となるため、花粉症によるストレスがアトピーを悪化させる可能性があります。


  • 皮膚の乾燥


花粉症による鼻水や涙などの症状が悪化し顔まわりをこすると、その部分の皮膚の水分が奪われて乾燥してしまうことがあります。乾燥により皮膚のバリアが弱くなると、アトピーの症状が悪化する可能性があります。また間違ったスキンケアにより皮膚を乾燥させた状態にしておくことで、皮膚についた花粉等に反応しやすくなりアトピーの症状が悪化します。


以上のように、花粉症がアトピーを悪化させる原因は複数あります。そのため、花粉症の症状を軽減するためには、花粉症の対策をシーズン1ヶ月前から取り始めること、アトピーを良い状態、つまりツルツルの肌、痒みのない潤った肌にしておくことが必要です。

Comments


bottom of page