top of page

赤ちゃんアトピーとは?

赤ちゃんアトピーとは、

生後すぐにできる湿疹の一種で、顔や体幹、手足の関節などに慢性的に繰り返し現れるかゆみや炎症が主な症状です。通常2歳まではアトピーであるかどうかの判断が難しいことがほとんどです。一般的には乳幼児湿疹が多く、その中には脂漏性湿疹、皮脂欠乏性湿疹皮膚真菌症、とびひ、おむつかぶれ等が含まれています。ステロイド治療のみでなく、状況に応じた正しい対応で改善することがほとんどです。赤ちゃんは言葉で訴えることができず、不機嫌や寝不足、食欲不振といった形で表現します。

peaceful environment


赤ちゃんアトピーには、体質や環境、治療歴によって症状や治療方法が異なります。特に赤ちゃんは治療開始が早ければ早いほど、治療期間も短くなることが多く、体の内側から治療することで赤ちゃん本来のつるつるのお肌を取り戻せると考えられています。

また皮脂欠乏性湿疹の場合は正しいスキンケアで改善することも多くあります。


当院では、経験豊かな医師が診察の上、適切な治療方法を提示しています。特に、当院の画期的な”りつの式”治療法は、ほとんどの状態に効果を発揮するとされています。赤ちゃんアトピーでお困りの方や、早く治してあげたいと思われる方は、当院にご相談ください。


詳しくはこちらへ

Comments


bottom of page