大腸内視鏡検査を始めました


順天堂大学病院の内視鏡・消化管専門医による大腸内視鏡検査を開始しました。

大腸を観察する場合には、肛門から挿入する内視鏡を用います。

直腸から大腸全域を観察することができます。

大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、

挿入方法はすこし複雑になることがありますが、

小腸の手前まで挿入することが可能です。

当院では軸保持短縮挿入法という方法を用いて

できるだけ苦痛を伴わないように心がけています。

必要に応じて軽い鎮痛剤を使用することはありますが、

過度な麻酔はおこわず決して無理な検査は行いません。

内視鏡がつらくて2度とやりたくないと思われた方も

ぜひ当院に相談ください。

内視鏡検査は、胃や大腸の病気を早期に発見し

治療するためにとても有効な手段です。

症状がないときにポリープやがんが早期発見できた場合は

99%根治可能な時代になっています。

近年、わが国では食生活の変化により大腸がんが増加しており

便潜血(べんせんけつ)検査で陽性となった場合の二次検査は、

大腸内視鏡検査が行われるようになっています。

内視鏡検査は毎週金曜日の予約制となっています。

りつのクリニック内視鏡予約

TEL:042-785-0055



最新記事

すべて表示

経鼻内視鏡での定期検診

胃の不調。その中の一つに胃がんがあります。さらに、胃がんは早期発見できれば治療が可能です。食欲不振や胃のもたれなどの原因の確認や、胃がんの早期発見のためにも内視鏡を使った定期健診はいかがでしょう。 最近の人間ドックでは「バリウムによるレントゲン検査」と「内視鏡による検査」が選択できる施設が増えつつあります。胃のバリウム検査は一般的になっていますが、がんの見落としがあり、被曝量も大きいため発がんの危

〜体質改善で健康な皮膚を再生〜​

お問合せ:042-785-0055

相模原市緑区鳥屋1162-1 りつのクリニック

2015 Copyright © All Rights Reserved

アトピー性皮膚炎、ステロイドを含まない内服薬による体質改善
  • 小児アトピー治療りつのクリニック Google+ Social
  • 小児アトピー、脱ステロイド治療のインスタグラム

​​アトピー性皮膚炎 ”りつの式”新治療法