お問合せ:042-785-0055

相模原市緑区鳥屋1162-1 りつのクリニック

2015 Copyright © All Rights Reserved

mobileLogoLargeText.png
  • 小児アトピー治療りつのクリニック Google+ Social
  • 小児アトピー、脱ステロイド治療のインスタグラム

胃・大腸

内視鏡検査

(予約制)

内視鏡検査

りつの内視鏡クリニック院長であり、内視鏡専門医と消化管専門指導医の資格をもつドクターが、胃や大腸への内視鏡による精密検査によって疾病の早期発見に貢献します。

痛くない胃の内視鏡検査

鼻から細い管でカメラを入れる胃の内視鏡検査は吐き気がなく、「つらくない」と喜ばれております。

年一回の定期的な検査に加え、胃の調子が気になる方はぜひお試しください。

気になる症状

  • 上腹部の痛み

  • 胃の不快感、胸焼け

  • 胸のつかえ感

  • 吐き気、嘔吐

 

内視鏡で胃炎と、ピロリ菌感染が確認された場合には、ピロリ菌除菌をすることで胃潰瘍や十二指腸潰瘍も防げます。

 

胃ガンが確認された場合には、北里大学病院などの提携病院をご紹介しています。

  • 食道、胃、十二指腸内視鏡検査

経鼻内視鏡の検査方法

経鼻内視鏡の検査時には口を開けられますので、医師が観察中に患者側から会話ができるのもメリットです。

医師   立之英明

  • ​医学博士

  • 順天堂大学病院  非常勤講師

  • 内視鏡専門医

  • 消化管専門医

  • 消化器病専門医

  • ピロリ菌感染症認定医

     内視鏡により早期がんを安全

   に剥離する研究をしました。

     金曜日に診察と内視鏡検査を

   担当しています。

辛くない大腸の内視鏡検査

大腸内視鏡検査は直接大腸の粘膜を観察し、初期段階で大腸がんを見つけ出すことができる検査です。

 

40歳を過ぎたら、がんの早期発見のために

自覚症状がない状態でも定期的な検査をお勧めしています。

 

また、次の方への検査をおすすめしています。

気になる症状

  • 下痢と便秘の繰り返す

  • 便が細い、便が残る感じおなかが張る

  • 血便、下血がある

  • 腹痛、貧血がある

  • 便潜血検査が陽性だった

  • 以前大腸にポリープがあった

  • 家族が大腸がんになった

  • 原因不明の体重減少

大腸内視鏡の検査方法

大腸を観察する場合には、肛門から挿入する内視鏡を用います。

直腸から大腸全域を観察することができます。

大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、挿入方法はすこし複雑になることがありますが、小腸の手前まで挿入することが可能です。

当院では軸保持短縮挿入法という方法を用いて、できるだけ苦痛を伴わないように心がけています。

必要に応じて軽い鎮痛剤を使用することはありますが、過度な麻酔はおこわず決して無理な検査は行いません。 

日本人の死亡原因の1位はがんです。その中でも大腸がんで亡くなる方は、女性では1位、男性では3位となっています。

大腸がんの発生要因として高齢化があり、生活習慣では飲酒や肥満。食生活では赤肉や、ベーコン、ハム、ソーセージなど加工肉の摂取増加があります。

当院では、順天堂大学病院と同じ内視鏡専門家医による検査を行っております。苦痛のない大腸内視鏡検査を心がけ、地域住民の皆様のお役に立てればと考えております。

  • 大腸、直腸検査

内視鏡設備

大学病院や地域中核病院で診断・治療に使わるフルデジタル電子内視鏡システムを用いています。

 

近年、内視鏡検査では、病変のさらなる早期発見と診断精度向上を図るため、波長パターンを自由に選択し画像処理を行うことによって、通常画像から分光画像をリアルタイムに生成し、観察対象の部位に適した波長パターンで高精度な検査が可能になっています。

 

小さな病巣を見つけることで、より早く早期治療を開始することができます。

内視鏡検査の映像

当院でピロリ菌の除菌治療をした患者様の映像です。

このような感染した痕跡をご自分で見ることもでき、感染箇所などについて質問することもできます。治療方針も理解し易くなります。

りつの内視鏡クリニック

当院の内視鏡専門医、立之英明は橋本駅徒歩3分の「りつの内視鏡内クリニック」の院長です。

立之内視鏡クリニック1.jpg